抜けない階段のはなし

みなさま、こんにちは
中村です


今年も残すところ
あと数日になりました
変わらずお過ごしでしょうか


今日は現在おまとめをしている提案について
ご紹介したいと思います

築25年の3階建て
重量鉄骨造の戸建て住宅



現在は70代の両親がお住まいの家に
息子さん4人家族が戻られて
2世帯で住まわれたいとの
ご要望でした


家の真ん中に
鉄骨で造られた階段があり
当初、お客様は
階段があることで
部屋が狭く仕切られてしまうので
階段を取って欲しいと
ご希望をされました


コスト的な問題で
階段を撤去することは難しく
階段を残すことをご提案しました


お客様にとっては
問題点である階段を
残すというお話をするにあたり
提案側が気を付けたのは
いかにその階段を
新しい間取りや
生活動線と一体化させるか


お客様にとっての
マイナスポイントを
プラス要素にかえていけるように
提案を組み立てます


具体的には、、、
階段室を挟んで
息子さんご夫婦が過ごす
リビングとダイニングキッチン空間を
配置し、その階段室部分には
大きな内窓を配置

出典:pinterestより

リビングとダイニングの
つながりを作りだすことを強く提案しました




真ん中に階段室があったとしても
互いの家族の気配を感じることができる
今回はそんな間取りを設計しました



お客様の暮らしに寄り添いながら
ご家族のご要望を超えていく
豊かな空間を作りだしていきたいと
そんな想いでプランをしております


たとえ
抜けない階段があったとしても
アイデア次第でプラスに変えられる
そんなふうに
お客様にお感じいただけましたら幸いです





 

 

 

 

 

 

 

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
Moreformがお客様から選ばれる理由
設計の想い
ショールーム
イベント情報
スタッフ紹介
LINE@友達登録キャンペーン
オンラインリフォーム相談
失敗しないリノベーションスターターパックプレゼント