外壁をツートンカラーに塗装しようとお考えの方へ!人気の配色やコツをお伝えします!

外壁の見た目には多種多様な種類がありますが、中でも一定の人気を誇っているものに「ツートンカラー」があります。
今回は、そんなツートンカラーをお考えの方に向けて、人気の色のパターンやコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□外壁のツートンカラーに人気の色は?


ツートンカラーとして特によく採用されているのは、以下の3つのパターンです。
これらは色同士の相性が良いのはもちろん、それぞれの色自体が外壁の色として使用しやすく、おしゃれな仕上がりになりやすいです。
基本的にこれらの色を使えば、多少組み合わせを変えても失敗することはないでしょう。

1つ目は、ホワイト&ベージュです。
家の下半分をベージュ、上半分をホワイトに塗り分けるパターンが多いです。
ただ一直線に塗り分けるのではなく、ベランダなどの凹凸部分で塗り分けるとおしゃれになります。

2つ目は、ベージュ&ブラウンです。
ベージュと淡いブラウンの組み合わせが人気です。
どちらも似た色で、一見ぼやけてしまいそうですが、ベランダの凹凸を活かした塗り分け方をすることで、メリハリが生まれます。
基本はベージュとブラウンで塗りつつ、ドアや窓などで部分的にブラックを取り入れると全体として引き締まります。

3つ目は、ホワイト&グレーです。
グレーはホワイトに比べて暗く、重くなりがちなので1階部分でグレーを選びましょう。
2階部分でホワイトを使うことで、スタイリッシュで明るい印象になります。

□外壁をツートンカラーにする際のコツとは?


外壁をツートンカラーにする際には、以下のコツを意識しましょう。

・ 2色の比率は6:4あるいは7:3
・同系色の組み合わせを選ぶ
・セパレートカラーで引き締める
・3色使う場合はベースカラーを意識する
・落ち着いた色合いを選ぶ
・付帯部のカラーも考える

色の比率としては、6:4あるいは7:3がおすすめです。
2色がうまくまとまらない場合は、2色の境目に別の色をセパレートカラーとして挟むと落ち着きやすいです。
3色使う場合は、全体の6、7割をベースカラーで塗り、2、3割をベースの色を引き立てるアソートカラーで、残った少しの部分をアクセントカラーで塗るといった構成にしましょう。

□まとめ


今回は、外壁のツートンカラーに人気の色と、ツートンカラーにする際のコツについて解説しました。
基本的には色の比率を考えて同系色でまとめつつ、うまくセパレートカラーやアクセントカラーを使うことでおしゃれな外観に仕上がります。
皆様の参考になりましたでしょうか?外壁塗装をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

外装工事は下記サイトまで↓
https://www.kitasetsu.co.jp/
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
Moreformがお客様から選ばれる理由
設計の想い
ショールーム
イベント情報
スタッフ紹介
LINE@友達登録キャンペーン
オンラインリフォーム相談
失敗しないリノベーションスターターパックプレゼント