屋根塗装をご検討中の方は必見!足場の必要性と種類について解説します!

屋根塗装の費用の一つに「足場」というものがあります。
屋根塗装を検討している方の中には、足場は本当に必要なのかと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回は屋根塗装における足場の必要性についてご紹介します。
また、足場にかかる費用が高くなるケースも併せてご紹介します。

 

□屋根塗装における足場の必要性とは


屋根塗装において足場は本当に必要なのでしょうか。
結論から申しますと、屋根塗装に足場は必要不可欠です。
その理由は3つあります。

1つ目は、近隣住民へ配慮するためです。
屋根塗装の工程の一つに、高い水圧で掃除をする高圧洗浄というものがあります。
この高圧洗浄により、屋根に付着していた汚れが飛び散るのです。
ただし、足場を設置していると、飛散防止シートを貼っているので、汚れが飛び散るのを防げます。

2つ目は、安全に業務をするためです。
屋根塗装の際には、幾つもの塗料を屋根に持っていく必要があるので、足場がなければ転倒してしまう恐れがあります。

3つ目は、正確に塗装するためです。
屋根は想像以上に足元が不安定で、足場がなければ従業員が安全に作業できません。
そのような危険な状況下だと、作業に集中できず、正確に塗料を塗れなくなってしまいます。

 

□屋根塗装で足場にかかる費用が高くなるケースとは?


足場の設置費用は状況によって異なりますが、相場よりも高くなるケースはいくつかあります。
そのケースを知らずにいると、後でトラブルに巻き込まれてしまう恐れがありますので、この機会に押さえておきましょう。
ここでは、3つのケースについてご紹介します。

・3階建て以上の住宅
・立地の関係で設置しづらい
・道路使用許可が必要な時

1つ目は、3階建て以上の住宅の場合についてです。
3階建て以上の住宅の場合は、足場の費用が少し高くなる傾向にあります。
それは、高くなる分足場を頑丈に設置する必要があり、それに必要な資材や手間がかかるためです。

2つ目は、立地の関係で足場が設置しにくい場合です。
例えば、隣接している住宅との間隔が非常に狭い場合や、高い場所にある場合などは設置費用が高くなるケースがあります。
足場の組みやすさによって費用は変化しますので、押さえておきましょう。

3つ目は、道路使用許可が必要な時です。
道路に足場を運ぶトラックが止まっている際には、道路使用許可を取る必要があります。
これに加えて、足場そのものが道路にはみ出している際には、道路占有許可が必要ですので、確認しておきましょう。

 

□まとめ


今回は、屋根塗装における足場の必要性と、設置費用が高くなるケースをご紹介しました。
当社では、外壁工事をはじめ、お客様のライフスタイルに合わせたリフォームを行ってまいりますので、まずはお気軽にご相談ください。
外装工事は下記サイトまで↓
https://www.kitasetsu.co.jp/

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
Moreformがお客様から選ばれる理由
設計の想い
ショールーム
イベント情報
スタッフ紹介
LINE@友達登録キャンペーン
オンラインリフォーム相談
失敗しないリノベーションスターターパックプレゼント